本因坊秀策囲碁記念館
トップページへ交通アクセス関係先リンクメールでお問い合わせはこちらから平成21年度カレンダートピックスtwitt.png
はじめに-館長あいさつ企画展・常設展情報館内のご案内本因坊秀策の紹介秀策生誕の尾道市因島情報

村上文祥(元アマ本因坊)
アマ本因坊戦優勝5回、アマ十傑戦優勝6回を誇る因島出身のアマ古豪

略歴

 尾道市因島土生町塩浜生まれ。土生小学校―旧制尾道中学校―因島高校―早稲田大学。高校時代から県代表、早大囲碁部主将。1955年荏原製作所入社。1960年アマ本因坊戦優勝5回。アマ十傑優勝6回。日米、日中、日韓囲碁交流メンバーとして活躍。1994年同社副社長。1999年4月17日逝去。日本棋院より八段位追贈。

郷土因島の囲碁発展に貢献

 村上文祥氏は、早稲田大学在学中から囲碁の強豪とうたわれ、アマチュア本因坊戦優勝5回、アマ十傑戦に6回優勝されるなど、日本アマ囲碁界を代表する棋士であると共に、重鎮として活躍しました。

 旧因島市が、市技に制定した「囲碁」を通じての街づくりを推進する時、村上文祥氏は日本棋院、囲碁関係者との太いパイプを生かし、ビッグタイトル戦の招致、各種大会におけるプロ棋士の招へいなど、先頭に立って尽力。囲碁界の三大タイトルといわれる「本因坊戦」、「棋聖戦」が旧因島市で開催されたのも、村上文祥氏の努力による所が非常に大きいと言われています。

 「本因坊秀策囲碁まつり」も、現在では全国から多数の参加者が集まる大会に育っていますが、当初は運営に非常に苦労していました。村上文祥氏はその様な状況の中、ゲスト参加すると共に、親交のある著名な棋士を同行し大会を盛り上げるなど、この祭りの育ての親と言われています。

 村上文祥氏の囲碁文化を通じ郷土・因島発展に貢献された功績に対して、1999年(平成11)7月31日に旧因島市から特別功労章が贈られました。

村上文祥
村上文祥氏

村上文祥氏のレリーフ

尾道市因島土生町の因島市民会館ロビーに展示されている村上文祥氏の功績を讃えるレリーフ。

本因坊秀策囲碁記念館
 尾道市因島外浦町121-1

●お問い合わせ先
 TEL 0845-24-3715

●開館時間
 午前10時-午後5時

●休館日
 毎週火曜日・年末年始
 (カレンダーをご確認ください。