本因坊秀策囲碁記念館
トップページへ交通アクセス関係先リンクメールでお問い合わせはこちらから平成21年度カレンダートピックスtwitt.png
はじめに-館長あいさつ企画展・常設展情報館内のご案内本因坊秀策の紹介秀策生誕の尾道市因島情報

本因坊秀策の生涯

【1】囲碁との出会い(1歳~8歳)

 秀策が生まれた桑原家は裕福な農家で、父は教養人格ともに優れ、商業を営み尾道の旦那衆とも親交がありました。

 秀策は幼い頃から喜んで碁石で遊ぶことから、四歳頃には母から囲碁を習うようになります。幼児期に「絶対碁感」を養えたことが、後の大成を促したといわれています。

 五歳の時、父に連れられ尾道にでかけ、生まれてはじめて他人と対局しました。相手をした豪商の橋本吉兵衛(号は竹下)は秀策の才能に驚き、その後生涯にわたリ秀策を支援しました。

 やがて「囲碁の神童」という噂が広まり、三原城主から城に招かれ対局します。秀策は棋力を認められ、城に出仕するようになりました。

●旧生家の家相図

旧生家の家相図
老朽化のため昭和47年に取り壊した。

●本因坊秀策肖像

本因坊秀策肖像
作者は江馬天江。秀策死後、弟弟子の石谷広策の依頼により制作された。

●母カメの手鏡

母カメの手鏡
秀策は母から囲碁の手ほどきを受けた。

江戸時代の囲碁事情

徳川家康徳川家康1542-1616
 囲碁は仏教とともに中国より日本に伝来したと言われています。江戸時代に入ると、徳川家康が囲碁を好み家元を大切に扱うようになったことから、各地の大名や武士の間に浸透しはじめます。その後江戸時代中期以降になると、豪農や豪商など、庶民の間にも広がるようになりました。

本因坊秀策囲碁記念館
 尾道市因島外浦町121-1

●お問い合わせ先
 TEL 0845-24-3715

●開館時間
 午前10時-午後5時

●休館日
 毎週火曜日・年末年始
 (カレンダーをご確認ください。