本因坊秀策囲碁記念館
トップページへ交通アクセス関係先リンクメールでお問い合わせはこちらから平成21年度カレンダートピックス
はじめに-館長あいさつ企画展・常設展情報館内のご案内本因坊秀策の紹介秀策生誕の尾道市因島情報

本因坊秀策について

 幕末に活躍し、囲碁における、近代の布石の基礎を築き、今なお碁聖と仰がれる天才棋士「本因坊秀策」は、父桑原輪三と母カメの次男として、文政12年(1829年)尾道市因島外浦町に生まれました。幼名を虎次郎といい、3・4歳のときには、碁石を与えればすぐに泣き止み、黒白を並べて遊んだといわれています。母に囲碁を学んだ虎次郎は、5歳の時、尾道の豪商橋本吉兵衛(橋本竹下)に、その才能をいち早く見出されました。6歳の時には近郷に敵がなく、その技の巧妙さに人々は驚き、神童と称しました。7歳の時には、吉兵衛を介し、三原城主・浅野甲斐守忠敬と対局し、棋力を認められた秀策は、竹原の宝泉寺住職葆真和尚に師事しました。


 秀策は、9歳の冬に浅野公の薦めにより江戸へ赴き、本因坊家に入り、本因坊丈和の弟子になりました。11歳で初段の免許を得て翌年帰国、浅野公より五人扶持を賜り、15歳で4段の免許を得、名を秀策と改めました。17歳の時には12人扶持ちに増録され、18歳のとき大阪で井上幻庵因碩と対局しました。世にいう「耳赤の妙手」はこのときの一手を指し有名です。20歳で第14世本因坊跡目になり、丈和の娘、花と結婚しました。21歳で将軍の御前対局である御城碁に初出仕しましたが、このときから12年間御城碁において19連勝で負けることがありませんでした。しかし、34歳という若さで他界しました。


 秀策が受けた教育は、碁の修行を通して、人としての品格も身につける人間形成の学びであり、碁に秀でていただけでなく、書家の竹雪道人について書を学び、師の筆蹟と判別できないほどの上手であったといわれます。書の多くは後世に伝えられていないものの、石谷広策に与えた囲碁十訣や愛用の碁盤に記した「慎始克終 視明無惑」の銘、父母に送った手紙等が残っています。         


 秀策の布石は秀策流と称され、今日の対局においても見ることができます。秀策の残した棋譜は450局以上、秀策の棋譜を並べると段が上がるといわれるほどで、プロ棋士の多くもその手筋に学び、一度は並べたことがあるといわれています。秀策はその棋力と人格により碁聖と呼ばれていますが、これまでの多くの棋士の中で、碁聖と崇められるのは第4世本因坊の道策と秀策の二人だけで、その偉大さがわかります。


 秀策は2004年(平成16年)、徳川家康、第1世本因坊算砂、第4世本因坊道策とともに、日本棋院の「囲碁の殿堂」入りをしました。

LinkIcon本因坊秀策の年譜へ

本因坊秀策本因坊秀策(1829-1862)

●秀策母子愛用の碁盤

碁盤

 秀策の生母カメが、婿を迎え、分家した際に持参したもので、秀策は、幼時この碁盤で、母から碁の手ほどきを受けた。秀策母子は、一生この碁盤を愛用し、秀策最後の帰郷の時、この碁盤の裏へ次の四句を署名した。「慎始 克終 視明 無惑」

●碁盤裏の揮毫

碁盤の裏面

 秀策は棋力みなぎる29歳の時、四度目の帰郷を果たし、愛用の碁盤の裏に次の文字を書き残しました。これは秀策が対局に際しての心得を記した言葉として、今も囲碁関係者の間で語り継がれています。

本因坊秀策囲碁記念館
 尾道市因島外浦町121-1

●お問い合わせ先
 TEL 0845-24-3715

●開館時間
 午前10時-午後5時

●休館日
 毎週火曜日・年末年始
 (カレンダーをご確認ください。